1. TOP
  2. 性器ヘルペス感染予防:性器ヘルペス予防するための生活とは?

性器ヘルペス感染予防:性器ヘルペス予防するための生活とは?

性器ヘルペス の病名説明


性器ヘルペス

性器ヘルペスという病気は、感染症の一種です。

性器ヘルペスの症状は、男女とも外陰部に水疱や赤いぶつぶつ、かぶれ、潰瘍のようなものができます。

特に女性の場合、排尿痛と言って、おしっこをしたときに強い痛みを伴い、排尿が困難になることもあります。

また熱がでることもあり、太もものリンパ節に痛みを感じたり、腫れたりすることもあります。

性器ヘルペスは女性の場合、膣のまわりやおしりにできることもあります。

初めて感染したときは、これらの症状が強く出て、症状が重い場合が多いようです。

性器ヘルペスは、再発がしやすいといわれており、再発を繰り返すと症状は軽くなる特徴があります。

治療の期間も初めて感染した場合は、治るまでに時間がかかりますが、再発を繰り返すと治療期間も短くですむという特徴もあります。
性器ヘルペスの症状

また、女性に気をつけてほしいのが妊婦さんです。

妊娠中に感染してしまうと、お腹の赤ちゃんにも影響がでます。

とくに分娩直前は、赤ちゃんに感染しやすくなるため、注意が必要です。

元気な赤ちゃんを産むためにも、感染しないように気をつけなければいけません。

一度感染している人は、再発しないためにストレスや疲れをためないようにするなど、日常生活においても配慮する必要があります。

おなかの赤ちゃんを病気から守れるように、しっかり感染予防を行いましょう。

単純ヘルペスウイルス

性器ヘルペス:単純ヘルペスウイルスの原因と対処法


性器ヘルペスは性行為感染症の一つです。

単純ヘルペスウイルスが原因で、性行為により感染し、発症します。

この単純ヘルペスウイルスには1型と2型がありますが、通常、性器ヘルペスは2型のウイルスによります。

一方、1型は口唇ヘルペスです。

しかし、1型のウイルスが性器にヘルペスを生じさせる場合もあります。

口唇ヘルペスを保有している相手とのオーラルセックスなどが原因となって、1型のヘルペスが陰部に発生することがあるからです。

さて、性器ヘルペスの感染や発症にとりわけ注意を払う必要があるのは、妊娠中の(もしくは妊娠を考えている)女性です。

妊娠期にはヘルペスに感染する確率が通常よりも高くなります。

これは、妊娠によって免疫力が低下するためです。

2型のヘルペスが発症している妊婦は、普通分娩を行うのは困難とみなされています。

分娩時に赤ちゃんに産道感染をしてしまうからです。

そのため、帝王切開での分娩となるのが一般的です。

性器ヘルペスにかかった場合の対処法は、性病科や産婦人科などを受診して、適切な治療を受けることです。

この病気にかかっている妊娠中の女性には、その治療薬として、ウイルスの増殖を抑える塗り薬(抗ヘルペスウイルス薬)や内服薬などが処方されます。

元気な赤ちゃんを産むためにも、適切な治療を受けるようにしましょう。

私の体験談:妊娠中に性器ヘルペス感染に・・・

妊娠中に産婦人科の先生から性器ヘルペスと診断されました。

赤ちゃんへの感染を防ぐために先生の助言どおりすごし、無事帝王切開で出産することができました。

とはいえ、感染が発覚したときは、正直ショックだったのを覚えています。

先生からは、抗ウイルス薬をもらい早期使用・治療をしましたが、やはり完治とはいえないらしく、再発も心配でした。

  • ストレスをためない
  • 疲れをためない
  • 免疫力を高める

ことを先生に言われ、少しでも健康体を保つために生活に心がけました。

それ以前からも、私1人のカラダじゃないし、赤ちゃんには私の分の栄養を与えたいと思っていましたが、私が健康じゃない限り、胎児も健やかに成長できないと思うようになりました。

そこで
元気な赤ちゃんを産むために、

  • 食事(栄養)
  • 運動

に心がけました。

食事はバランスの良い食事に心がけましたが、食欲が常にあるわけでもなく、妊婦でも大丈夫なサプリも一緒にとっていました。

運動に関しても、お腹が大きい状況でスポーツはできないため、簡単なストッチや散歩で少しでも動くようにしました。

これから赤ちゃんを産む、プレママにお伝えしたいことは、出産や育児は不安がいっぱいなのは事実です。

しかし、そこで悩むのではなく、不安になっている自分を楽しむ位の気持ちで生活してもらえればと思います。

  • お腹の大きい今の時期
  • 出産の瞬間
  • 育児

など、今から思うと貴重な体験・思い出です。

よく頑張ったなぁ~っと今では思えるものです。

そのためにも、大変なとき・心配なときこそ、自分の頑張りを楽しんでもらえればと思います。

あと出産後、赤ちゃんの大事な栄養補給、母乳はお母さんの体調次第で、

  • 母乳の出方
  • 母乳の質

が変わります。

鉄分サプリや血液を造る葉酸は、出産前から卒乳するまで、効果的に摂るといいと思います。

私の時より葉酸サプリの質が高くなっていますし、当時なかったサンプルやお試し価格の商品などあるので、続けやすい値段の商品を選ぶといいと思います。

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 妊娠中 貧血

    妊娠中に気をつけたい”貧血”

  • ヒトT細胞白血病ウイルス-1型

    ヒトT細胞白血病ウイルス-1型に感染しました:HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス-1型)の母乳の影響

  • 鎌状赤血球症

    痛い!辛い!熱をもつ!産後乳腺炎について

  • 妊婦のインフルエンザ予防接種

    子癇(しかん):妊娠中毒症

  • 妊娠後期に前置胎盤が確認されました:貧血対策が必須!前置胎盤・癒着胎盤

  • C型肝炎ウイルス

    C型肝炎ウイルスによる母子感染の確率・母乳での感染