1. TOP
  2. 妊娠中・妊娠後期に周産期心筋症になりました:周産期心筋症による生存率

妊娠中・妊娠後期に周産期心筋症になりました:周産期心筋症による生存率

妊娠中の周産期心筋症

妊娠後期に夜中になると咳が続いたり、動悸が激しくなるなどの症状が出るようになりました。

エコー検査

心配になったのでかかりつけの産婦人科に相談してエコー検査などをしてもらったところ、周産期心筋症と診断されました。

出産が近いこともあり、医師が慎重に治療を行うのでがんばりましょうと勇気付けてもらうことができました。

葉酸サプリ

投薬治療行う一方で、元気な赤ちゃんを産みたいと思ったので葉酸サプリを飲むようにしました。

葉酸サプリを飲み始めてから、貧血や体がだるいと感じていた不調が少しずつ改善されました。

治療のうまくいっているようで、葉酸サプリを飲み始めてからは血圧も安定しており今は気持ちも前向きになり、安定した生活を送ることができています。

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

周産期心筋症 妊娠

妊娠中の周産期心筋症の病名説明

周産期心筋症

周産期心筋症とは、妊娠や出産とその後、お母さんの体がもとの状態に戻るまでの間に起こる心臓の病気のことです。

それまでは、症状のなかった女性が妊婦になったことによって、心臓の機能が低下し心不全を起こしてしまうものです。

心不全は血液を全身に送り出すポンプの役割の働きが弱まり、全身へ充分な血液を送ることができなくなってしまい、からだが酸素不足に陥るという状態です。

周産期心筋症

からだの様々なところに、水がたまるようになり、いろいろな症状がでてきます。

周産期心筋症では、少しからだを動かすと息切れがする。

横を向いても夜ねむれず、体をおこして壁にもたれないと眠れない。

息をはくと喘息ではないのに、ゼイゼイと音がするなどの症状が主なものになります。

周産期心筋症の兆候

妊娠中には感染症などにも注意が必要ですが、周産期心筋症は、ある日突然なるのではなく、体重の増加やおしっこの回数の減少、動悸などの予兆がありますので、こちらにも注意が必要です。

妊産婦健診などではいろいろなことが相談できます。

また、検査の結果で心筋症が疑われる場合も早期に対応することで、母子ともに、健康でいることができます。

元気な赤ちゃんを産むためにも、健診は必ず受診する必要があります。

妊娠中の周産期心筋症の原因と対処法

周産期心筋症

原因

周産期心筋症は感染症や病気ではなく、原因は不明で病気の症状が拡張型心筋症に似ていることから、心臓病のなかった女性が妊娠や出産の時に、突然心機能が低下して心不全を発症します。

周産期心筋症は誰にでも起こり得ますが、
発症しやすいのは、

  • 高齢出産
  • 双子などの多胎妊娠
  • 妊娠高血圧症
  • 喫煙
  • 肥満
  • 切迫早産
  • 妊娠以前からの高血圧症などの治療を受けている場合

に発症しやすく、妊娠中に生活習慣病のある妊婦は注意が必要です。

治療方法は
ACE阻害薬や利尿薬などの薬を用いた治療と、心不全状態が重い場合は慎重な治療が必要で、適切な薬を用いた治療と、大動脈内バルーンポンプなどの心臓機能を補助する機械を用いた治療が必要になります。

周産期心筋症の対処法

対処法

原因不明の周産期心筋症の対処法は、生活習慣病がある場合に発症しやすいことから、元気な赤ちゃんを産むためにも規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけることが大切になります。

妊娠中や赤ちゃんを育てながら周産期心筋症になると心臓に負担になることが多いです。

症状が悪化すると治療に時間もかかってしまいます。

息切れやむくみなどの症状がある場合、早めに病院に行き相談することが重要です。

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 妊娠高血圧症候群と診断されました:妊娠高血圧の原因と対処法

  • b群溶血性連鎖球菌

    妊娠中にb群溶血性連鎖球菌の陽性反応が出ました:B群溶血性連鎖球菌(GBS)の症状

  • 妊娠後期に前置胎盤が確認されました:貧血対策が必須!前置胎盤・癒着胎盤

  • 妊娠中に羊水が少ないと診断されました:羊水過少・過多に気をつけるための対処法

  • B型肝炎 妊娠中

    妊娠中のB型肝炎:B型肝炎による母子感染の確率・母乳での感染

  • 妊娠中にトキソプラズマ検査で感染が確認されました:トキソプラズマの原因や症状、対処法