1. TOP
  2. 妊娠中のパルボウイルスの特徴的な症状:原因と対処法(リンゴ病)

妊娠中のパルボウイルスの特徴的な症状:原因と対処法(リンゴ病)

妊娠中のパルボウイルス

パルボウイルスの病名説明

fd400977

パルボウイルスとは、頬が真っ赤になる子どもの病気でよくみられる「リンゴ病」の原因「パルボウイルスB19」というウイルスです。

リンゴ病の正式名を伝染性紅斑といい、感染している人の咳やくしゃみなどの飛沫感染による、人から人へうつる感染症です。

感染する確率

妊婦さんが感染すると、ウイルスが胎盤を通り、おなかの赤ちゃんにも感染する確率が約20%となっています。

リンゴ病(伝染性紅斑)は4〜5年周期で流行しており、季節では春から夏にかけて流行する傾向がみられます。

2015年度は全国的に流行しています。

パルボウイルス

妊娠中にパルボウイルスに感染した時の特徴的な症状としては、
頬にできるリンゴのような紅斑ですが、発疹の他にも発熱や関節痛、咽頭痛、鼻みずや鼻づまり、食欲不振や嘔吐などの胃腸症状、リンパ節腫脹、節々が痛いなどの関節炎を合併することがあります。

大人が感染した場合には、子どもが感染した場合よりも症状が軽く済んだり、症状が出なかったり、少し風邪に似ているため、本人がリンゴ病に感染していることにさえ気づかないケースもあります。

元気な赤ちゃんを産むためにも、小児期にリンゴ病(伝染性紅斑)に感染したことがない方は感染に注意することが必要です。

私の体験談:妊娠中にパルボウイルスに・・・

妊娠中にパルボウイルスB19というウイルスの飛沫感染が見つかりました。

最悪、流産や胎児死亡に至る可能性もあったのですが、無事出産することができました。

感染が発覚したときは、正直ショックで何をすればいいのか?ナーバスな日々を過ごしたのを覚えています。

その時、思ったのは、私1人のカラダではないということを実感し、自分だけでなく胎児の為にも健康的なカラダを作ろうと思い、そこでいろいろ考えました。

私の場合、葉酸サプリメントの中から葉酸の分量が一番配合されているものをえらんでいましたが、最近、たくさんの種類が出ているのでびっくりしています・・・www

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

パルボウイルスの原因と対処法

妊娠中のパルボウイルスの原因と対処法

パルボウイルスの中で人にかかるヒトパルボウイルスB19という感染症は主にそのまま合併症になり、子どもがかかるリンゴ病で知られています。

子どもの頃にりんご病にならなかった人が大人になってかかる病気になります。

ヒトパルボウイルスB19

妊婦では半数以下の確率でかかると言われています。
妊娠中であれば同時にお腹の赤ちゃんにも感染するおそれがあります。

感染原因

感染場所は子どもが多くいる保育園や小児科が多く、ウイルスの脅威を示す例によくあるような飛沫感染といわれるくしゃみなどや、接触感染で触ってしまうことでなるのが原因になります。

これらの原因を防ぐためには風邪のウイルスと同様にマスクをし、外出後には顔や手洗いなどをすることが必要です。

対処法

対処法になる予防用のワクチンはあるので、その接種をすることになります。風邪と同じように感染者からうつることを防ぎます。

妊娠中の方では母体を通してウイルス血症によって、妊娠の早い段階からの赤ちゃんに異常が見られることがあり、元気な赤ちゃんを産むためにもパルボウイルスかどうかを、血清で判断をして陽性か陰性かを調べることが要求されます。

陽性では蔓延する可能性があります。

鎮痛薬や輸血、免疫グロブリン

症状により鎮痛薬や輸血、免疫グロブリンなどの投与といったことが必要になります。

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 妊婦中にりんご病を発症しました。りんご病の症状