1. TOP
  2. ノロウイルス

ノロウイルス

サイトメガロウイルス感染 妊婦

ノロウイルスの病名説明


ノロウイルス

ノロウイルスは主に冬に流行する感染症です。

乳幼児から大人まで誰でもかかる可能性があり、おもに飛沫による感染で広がっていきます。

中には生の2枚貝から感染することもあります。

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

ノロウイルスの症状

ノロウイルスの症状は突然の嘔吐、腹痛や胃の不快感、寒気や悪寒といったことがあります。

比較的激しい嘔吐と下痢を伴うので脱水症状に気を付ける必要があります。

ノロウイルスは吐しゃ物や糞便の処理、感染した人が触ったものでも簡単に感染してしまいます。

健康な人でも感染してしまうほど強いウイルスなので妊娠中で免疫力が低下している妊婦の場合はよりかかりやすくなります。

症状は健康な人と同じですが、吐き気や腹痛を伴うのでつわりと間違える場合もあり、我慢してしまうこともあります。

妊娠後期には度重なる下痢によって産道が細菌感染を引き起こしやすくなっているので清潔にするように心がけます。

かかってしまった場合はこまめに水分をとる、はいてから20分ぐらいは食べない、シャワーのみにし入浴はしない、市販の薬は飲まないといったことに気を付けます。

特に薬は胃腸内のウイルスの排出を妨げる結果になるので安易に服用しないようにします。

ノロウイルスに効く薬はなく、脱水症状を起こさないなどの対処療法しかない病気です。

手洗いにより防ぐことができますので元気な赤ちゃんを産むためにもきちんと毎日行うように注意します。

ノロウイルスの原因と対処法


ノロウイルス

ノロウイルスはウイルス性胃腸炎の代表ともいえる感染症です。感染して発症すると急激な嘔吐や下痢が都筑、脱水症状を引き起こす可能性があります。

ノロウイルスの原因や感染経路は殆どが食べ物や食器などの経口感染です。

他の考えられる原因は、飲食物からの感染や患者からの感染です。飲食物からの感染は、ウイルスを溜め込んだ食材の牡蠣、アサリ、しじみなどの二枚貝などを食べることでの感染です。

ウイルスが表面や食器についている食品を食べることで感染します。

また井戸水がウイルスに汚染されている場合、その水を飲んでの経口感染もあります。

患者からの感染は、ノロウイルスに感染した人の排出したふん便や吐瀉物から、人の手を介して二次感染した場合です。

ノロウイルスに感染して発症した時の対処法は、嘔吐などをした場合、経口補水療法をします。

ノロウイルス感染

大切なことは嘔吐や下痢のピークに脱水にならないようにすることです。

嘔吐などでは大量の水や塩分を失うため、失った水分と塩分を補います。嘔吐などが続いている時に最初は1〜5分ごとに続けて、嘔吐が止まれば適量にします。

ノロウイルスは病気ではないため、嘔吐などはウイルスが排出されると落ち着きます。

妊婦が感染した場合、妊娠中は市販の薬は服用せず、妊娠前に飲んでいた薬なども飲んではいけません。

元気な赤ちゃんを産むためにも薬を服用する必要がある場合は、医師から処方された薬を飲みます。

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

サイトメガロウイルス感染 妊婦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • カンジダ膣炎 妊婦

    妊娠中の痔を解決する方法

  • 血栓塞栓症

    妊娠中に血栓塞栓症と診断されました:血栓塞栓症:ドップラー超音波検査

  • 妊婦のエイズ検診

    産後出血が止まらない・大量出血の心配

  • 周産期心筋症 妊娠

    元気な赤ちゃんを産むために食中毒(リステリア菌)予防を

  • C型肝炎ウイルス

    C型肝炎ウイルスによる母子感染の確率・母乳での感染

  • B型肝炎 妊娠中

    B型肝炎と妊娠:B型肝炎による母子感染の確率・母乳での感染