1. TOP
  2. 妊娠中にカンジダ膣炎になってしまいました:産婦人科で診断を。カンジダ膣炎

妊娠中にカンジダ膣炎になってしまいました:産婦人科で診断を。カンジダ膣炎

妊娠中にカンジダ膣炎を発症しました


膣が痒くて痒くておりものの量も多く臭いもあるので定期検診の際に診てもらったらカンジダ膣炎になってしまいました。

妊娠中なので薬は飲まないのですが、赤ちゃんには影響のない膣内にいれるタイプの錠剤を処方してもらいました。

カンジダ膣炎は性病みたいなイメージがありとても恥ずかしかったのですが、妊娠中身体が敏感になるため発症してしまう人も多いと先生から聞き少し安心しました。

妊活をしていた時から葉酸サプリを飲んでいます。赤ちゃんの頭蓋骨などを作るのを助けたりするので元気な赤ちゃんを産むために飲み続けています。サプリメントなので薬とは違い身体に影響もありません。

清潔にしてカンジダ膣炎も早く治して元気な赤ちゃんを産めるように頑張ります。

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

カンジダ膣炎 妊婦

カンジダ膣炎の病名説明


特に妊娠8~36週に注意したい病気や感染症の一つに、カンジダ膣炎があります。

カンジダ膣炎

その名の通り、カンジダというカビが関わっていますが、どのような症状が出るのでしょうか。

特徴的な症状の一つが強烈なかゆみです。

女性ならば誰もがデリケートゾーンにかゆみを感じたことはあるでしょうが、カンジダ膣炎ともなると、膣やその周辺が我慢できないほどのかゆみ
に襲われます。

いつもと違うなと感じたら、カンジダ膣炎を疑ってみてください。

また、白いカッテージチーズのようなぽろぽろしたものや、ヨーグルトのようなどろっとしたおりものが出るのも特徴です。

悪化すると、おりものが膣の中で固まっていたり、膣の周りに苔のようにびっしりと付着していることもあります。

他にも外陰部に発疹があらわれたり、排尿時や性交渉時に痛みを感じることもあります。

熱っぽいな、ヒリヒリするなと感じることもあるので、発症のサインを見逃さないようにしましょう。

妊娠中は特にカンジダ膣炎を発症しやすく、半数以上の妊婦さんがなるといわれています。

一度完治しても、再発する可能性も十分にあるのです。

怖いのは赤ちゃんが産道を通るときに感染してしまうことです。元気な赤ちゃんを産むためにも、出産までに治しておきましょう。

カンジダ膣炎の原因と対処法


元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中は病気や感染症に気をつけなければいけません。

それでも約半数の妊婦さんが経験するといわれているカンジダ膣炎。

何が原因で、どのように対処すればよいのでしょうか。

カンジダ膣炎の原因は、「カンジダ」という真菌、つまりカビが増えることによって発症します。

カンジダ膣炎の原因

実はこのカビ、膣や口にいる常在菌なので、感染症ではありますが、性行為がなくても発症する可能性があるのです。

普段は何の症状も引き起こしませんが、抵抗力が弱くなったり、抗生物質を使用したときに症状が出てきます。

妊娠すること自体が抵抗力の低下を招いてしまうため、カンジダ膣炎になりやすいのです。

カンジダ膣炎は必ず出産までに完治させましょう。

そうでないと、分娩時に赤ちゃんが産道感染してしまい、鵞口瘡になってしまう恐れがあるからです。赤ちゃんのためにも、お母さんのためにも早く治療することが大切です。

対処法は意外と簡単で、抗真菌薬というカンジダ真菌の働きを抑える薬剤を膣内に挿入するだけです。

この方法で確実に治りますから、きちんと対処しましょう。

そして再発を繰り返さないためにもストレスを溜め込まない、規則正しい生活をすることも大切ですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • ヒトT細胞白血病ウイルス-1型

    子宮頸がんの原因:ヒトパピローマウイルス感染

  • サイトメガロウイルス

    妊娠中のクラミジア感染症について

  • サイトメガロウイルス母子感染

    妊娠中に鎌状赤血球症と診断されました:鎌状赤血球症の原因

  • カンジダ膣炎 妊婦

    妊娠中の痔を解決する方法

  • クラミジア感染症 妊婦

    妊娠中に妊娠糖尿病と診断されました:妊娠糖尿病は将来、将来的になる確率が高くなる?

  • C型肝炎ウイルス

    C型肝炎ウイルスによる母子感染