1. TOP
  2. C型肝炎ウイルスによる母子感染

C型肝炎ウイルスによる母子感染

C型肝炎ウイルス

C型肝炎の病名説明


C型肝炎とは、C型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。

肝臓は、体に必要な栄養分やタンパク質の貯蔵や生成、また不要となった老廃物や薬物の解毒作用など、生きていくうえで必要不可欠な機能をもっています。

しかし、「沈黙の臓器」、「忍耐の臓器」とも言われているように、C型肝炎になっていても自覚症状は殆どなく、何となく体がだるくて疲れやすい、食欲がわかないなどの誰にでも起こりそうな症状が多いので、肝硬変や癌などに進行してしまうケースも少なくありません。

感染の経路は、感染している人の血液を用いた輸血や血液製剤、汚染された注射器や注射針などによる医療行為、適切な消毒がされていない器具を使った医療行為、刺青やピアスなどが考えられます。

C型肝炎は感染症ですが、家族間や夫婦間での感染はなく、妊婦の場合のみ稀に母子感染する可能性があります。

しかし確率は低く、5%ほどです。

常識的な社会生活の中で、他人の血液に直接触れるような事が無ければ、家庭内や他人との間で感染する恐れはまずありません。

元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中にC型肝炎にかかる可能性があるような行為は慎み、十分に気を付けて生活しましょう。

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

C型肝炎の原因と対処法


 C型肝炎はC型肝炎ウイルスによって感染する感染症です。

このウイルスに感染する事によって肝臓に炎症がおこり、慢性肝炎肝硬変、肝がんと進行する可能性のある病気です。

この病気は感染者の血液を介して感染します。感染の原因として輸血が挙げられますが現在では輸血による感染の心配はほとんどしなくても大丈夫です。

その他には入れ墨やピアスの穴開け、麻薬や覚せい剤のうち回し等が挙げられます。

感染率は低いですが母子感染も感染原因の一つとなります。

キャリア妊婦さんの中でも5~10%程と言われています。

感染経路は妊娠中に胎盤経由も考えられますが、多くの場合は分娩時の産道感染が原因と考えられています。

そのため、帝王切開で感染率を低下させることができるというデータも存在しています。

ただし、帝王切開は絶対に感染を防ぐという対処法ではないため、自然分娩にするか帝王切開にするかは主治医と相談して分娩方針を決める事が必要となります

C型肝炎はワクチンが存在しないため予防的対策はできませんが、感染力が弱いウイルスなのでそこまで神経質にならなくても大丈夫です。

元気な赤ちゃんを産むためにもC型肝炎ウイルスについて詳しく学び正確な対処をしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

C型肝炎ウイルス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 妊婦のインフルエンザ予防接種

    子癇(しかん):妊娠中毒症

  • 妊娠糖尿病 妊娠中

    低出生体重や脳萎縮、白内障の原因:水痘(すいとう)

  • 妊婦のエイズ検診

    産後出血が止まらない・大量出血の心配

  • 妊娠中に羊水が少ないと診断されました:羊水過少・過多に気をつけるための対処法

  • サイトメガロウイルス

    妊娠中のクラミジア感染症について

  • 前置胎盤

    命にかかわる静脈血栓症