風疹:外出時にはマスクを着用

風疹の病名説明


風疹風疹は風疹ウイルスによる感染症で「三日はしか」とも言われています。



通常1度感染すると免疫ができて2度はかからないといわれますが、免疫力が落ちた場合などはごくまれに再発することがあります。




小児での感染が多いですが、成人になって感染すると症状が重く重症化しやすい傾向にあります。



風疹は風疹ウイルス


症状は感染から2~3週間の潜伏期間の後、発熱、頭痛、倦怠感、鼻水、せき、発疹、リンパ節腫脹(耳介後部、後頭部、頚部など)が現れます。



発疹は皮膚面よりやや隆起した赤い点状の紅斑で、顔、耳後部から全身に広がり、多くの場合3~5日程度で消えます。



リンパ節の腫れは発疹が出現する数日前から現れ、3~6週間くらい持続します。



これらの症状が部分的に現れたり、無症候性のこともあります。一般的には予後良好の病気ですが、妊娠4~20週の妊婦が感染すると胎児に様々な影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。



これを先天性風疹症候群といい、主な症状には先天性心疾患、難聴、白内障などがあります。




先天性風疹症候群を予防するため多くの自治体では主に妊娠を希望する女性を対象に、風疹の抗体検査が無料で実施されています。




元気な赤ちゃんを産むためにもこれから妊娠を希望する女性の方は抗体検査を受けることがすすめられます。




予防にはワクチン接種が有効で風疹抗体が無い場合、ワクチン接種が推奨されていますが妊娠中のワクチン接種は避けられています。






風疹の原因と対処法


風疹の原因と対処法風疹は三日ばしかと呼ばれることもあるウイルス性の病気で、妊娠中に風疹を発症してしまうと胎内感染を起こしてしまうこともあります。



風疹は二週間ほどウイルスの潜伏期間があり、その後に発疹と37度から38度くらいの発熱と言った症状が起こります。



赤みのある発疹が首などに出て、その後に全身に広がり耳や首のリンパ腺が腫れてしまうこともあります。



先天性風疹症候群


症状は3日ほどで治まりますが、合併症として関節炎や脳炎などを引き起こす場合もあります。




発症の原因は風疹ウイルスで、くしゃみや咳、痰、唾液などによる飛沫感染で感染する特に、春から夏にかけて流行しやすい感染症です。




妊娠中に感染すると母体の症状が重くなるのではなく、胎内感染で赤ちゃんに障害などの影響が出ることがあるとされていて、感染時期が妊娠早期であるほど先天性風疹症候群にかかる危険性があります。



そのため妊婦さんは元気な赤ちゃんを産むためにも、感染症対処法を知っておくと良いです。




発症の原因はウイルスです、そのための対処法としてはなるべく人ごみを避けるようにして、外出時にはマスクを着用するようにしましょう。




また帰宅後の手洗いとうがいをきちんと行うことが大切です




また感染してしまった場合には拡大を避けるために直接病院に行く前にまずは電話で連絡して診察を受けるようにしましょう。




しっかりと医師と相談しながら治療を行うことで赤ちゃんのリスクを減らすことができます。