1. TOP
  2. 妊娠中に鎌状赤血球症と診断されました:鎌状赤血球症の原因

妊娠中に鎌状赤血球症と診断されました:鎌状赤血球症の原因

サイトメガロウイルス母子感染

妊娠中に鎌状赤血球症を克服しました


家族からの遺伝で一人目の赤ちゃんを妊娠中に鎌状赤血球症と診断されてしまいました。

最初はお腹の赤ちゃんへの影響を考えて不安になりました。

病院の先生からは、貧血が悪化すると手足の骨に痛みが出たり早産となるリスクもあると説明を受け、なんとかしなければと悩んでいたところ葉酸サプリメントが効果的だと知ってすぐに飲み始めることにしたのです。

定期的に病院で健診を受けながら水分補給や適度な運動を続け、積極的に鉄分を食事でも摂取するように心がけました。

そして、葉酸サプリを朝晩飲み続けているうちに体調も安定してきました。

その後も十分に注意しながら規則正しい生活を過ごし、無事に元気な赤ちゃんを出産することができたのです。

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

鎌状赤血球症 妊娠中

鎌状赤血球症の病名説明


赤ちゃんの赤血球を作るためにも、妊娠中は通常時より1.5~2倍近い鉄分が必要となります。

そのため、特に鉄欠乏による貧血が起こりやすいのです。

遺伝性貧血の一つ、鎌状赤血球症であると、お腹の赤ちゃんの成長を妨げたり、最悪、早産や赤ちゃんが死んでしまうケースもあるのです。

また、妊娠中は肺炎や尿路感染症などの感染症のリスクも高まります。

3割以上の妊婦さんは血圧が高くなることがあり、心不全や肺塞栓症になる危険性も出てきます。

鎌状赤血球症の症状として、貧血の他にも軽い黄疸が見られたり、極度の疲労感に襲われて頭がくらくらしたりします。

貧血が悪化し、突然腹部や手足の骨に激しい痛みを感じたり、発熱や息切れを起こす、鎌状赤血球クリーゼという症状があらわれたりします。

鎌状赤血球症

鎌状赤血球症は遺伝性の病気ですから、当然生まれてきた赤ちゃんも鎌状赤血球症であるリスクは高まります。

そうすると脾腫を発症することが多く、関節痛や手足の骨に痛みが出たりします。

元気な赤ちゃんを産むためにも、出産前には定期的な血液検査を行い、鎌状赤血球症などの病気でないか調べておきましょう。

羊水穿刺を行うなどして、赤ちゃんに原因遺伝子がないか調べることもできます。

鎌状赤血球症の原因と対処法


鎌状赤血球症の原因は、主に遺伝によるものと考えられています。

染色体のヘモグロビンが突然変異を起こすのが原因です。

日本では鎌状赤血球症の病気に感染している人はほとんどみられません。

主にアフリカや中近東やインドなどに発症がおおいといわれています。

もし、妊娠中に鎌状赤血球症であることがわかったら、妊婦は貧血のリスクが高くなります。

それだけではなく、高血圧、肺炎や尿路感染症、肺塞栓症、子宮内胎児発育遅延や子宮内胎児死亡などのリスクも高くなります。

対処法は、この病気にり患している人は妊娠中、定期検診を欠かさないことです。

元気な赤ちゃんを産むためにも必要があれば、緊急輸血をすることがあります。

その他酸素投与、水分の補給なども必要に応じて処置がされます。

遺伝的要素の強い人は出生前診断をうけることで、赤ちゃんの血液の状態を知ることができます。

羊水穿刺により、赤ちゃんの細胞を直接調べることにより、鎌状赤血球症の遺伝子の数を調べます。

また産後は薬で発作の頻度をある程度減らすことも可能になります。

また病状に応じて、骨髄移植や幹細胞移植なども検討されることもあります。

移植によって病が寛解することもありえます。

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

サイトメガロウイルス母子感染

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • サイトメガロウイルス

    妊娠中のクラミジア感染症について

  • 風疹:外出時にはマスクを着用

  • 妊娠中に羊水が少ないと診断されました:羊水過少・過多に気をつけるための対処法

  • 妊娠中にトキソプラズマ検査で感染が確認されました:トキソプラズマの原因や症状、対処法

  • 性器ヘルペス感染予防

  • 妊娠後期に周産期心筋症になりました:周産期心筋症による生存率