妊娠中に気をつけたい”貧血”

貧血の病名説明


貧血

日本人女性の約1割が貧血であると言われています。



妊娠中の女性や、病気であったり感染症が原因な場合もありますし、人によっては妊婦さんに重度な症状が出る場合もあります。



貧血


妊娠中でお腹の中の赤ちゃんに、栄養を送る為に、鉄分が不足することもあります。



元気な赤ちゃんを産むためにも貧血を押さえておきましょう。



主に、「一般症状」と言われ、全ての貧血に共通して現れる症状があります




耳鳴り、めまい・立ちくらみ、動悸・息切れ、疲れやすい、寒さを異常に感じる、食欲がわかない、顔色が悪いなどが上げられます。



血液が体内で不足している状態ですので、多く体内に循環させようとして、心臓や肺に、大きな負担が掛かる事で、上記のような症状が出ると言われています。




心臓や肺に、大きな負担が掛かっている状態ですので、疲れやすくなるのはもちろん、いつも何気なく行っている家事や、運動などしていると、めまいや動悸が起こりやすくなります。更に進行すると、粘膜や皮膚に赤みがなくなり、顔色が少し黄色がかってくることがあります。




立っている時間が長いと、重力によって脳に血液が十分に送られなくなりますと脳に酸素が送られなくなり、急にめまいがして倒れてしまう場合もありますので注意が必要です。



貧血の原因と対処法


貧血

女性は、生理が始めると貧血になることがあります。



さらに妊娠をすると程度の差はありますがほとんどが貧血状態になると言われています、



その貧血になる原因は、鉄分が不足しておきる鉄欠乏性です。



妊娠中は赤ちゃんの赤血球を作る鉄分が必要になり、普段の2倍鉄分がいるとされています。



この事が、原因で妊婦は鉄分が不足します。その対処法としは、葉酸欠乏からも貧血を引き起こすとされるので葉酸を体内に取り入れることが改善に役立ちます。



葉酸欠乏・貧血


重症の場合や長く続く場合は、早産や病気に対してのリスクが高くなり、感染症にも免疫力が落ちかかりやくなります。



最近では、妊娠中は葉酸を積極的に摂取するように医師からも推奨されています。




母子手帳にも、その効果が記載されている市町村も増えています。




貧血だけでなく、赤ちゃんの正常な成長と発達に欠かすことができない成分として認められています。




元気な赤ちゃんを産むためにも、母親として意識をしたい成分になります。



生まれる前から、お腹にいる赤ちゃんは母親を信頼しています。




赤ちゃんの不安を感じることなく安心して、成長ができるとようにすることは母親としての責任です。




食べるものに、葉酸を取り入れることが大切です。