妊娠中に羊水が少ないと診断されました:羊水過少・過多に気をつけるための対処法

妊娠中に羊水過少と診断されました


妊娠中の検査で、羊水過少と診断されてしまいました。

つまり、羊水が少ないという事です。色々と不都合なことにもなりかねないという事で、早速治療に入っていただきました。

検診に通っているのでこういうところはスピーディーで安心できます。

それとは別に、良いと聞いたので葉酸サプリも飲んでいます。

はっきり言って、子供のために良いと聞いた事なら何でもしたいという気持ちでいっぱいです。

羊水過少の診断を受けた事で、かえって子供への気持ちというか、もっと大事にして、絶対に健康な赤ちゃんを産んでやるんだという気持ちが強くなりました。

葉酸サプリも、評判通りの効果があると良いなと願いつつ日々飲んでいます。これからも続けていきたいです。

>>私が飲んでいる葉酸サプリはこれ


妊娠中 羊水過少

羊水過少・過多の病名説明


羊水過少・過多の原因と対処法羊水は妊娠初期から分娩までおなかの赤ちゃんを守るためにあるもので、水分やアミノ酸、脂質や糖分などでできています。



また、赤ちゃんを感染から守る抗菌物質や免疫物質、発育を促す物質も含まれています。



妊娠初期は羊膜から分泌されますが、中期以降は赤ちゃん自身が排尿するので赤ちゃんの尿が大部分を占めています。



羊水過少・過多は妊娠中の検診によってわかることが多い病気です。通常の場合は妊娠経過とともに増え、妊娠後期には減り始めます。


羊水過少・過多


羊水過少・過多の判断は妊娠後期に800ml以上なら過多、100ml以下なら過少となります。



羊水過少・過多の症状はそれぞれ違います。


過多の場合の症状は腹部が大きくなったり、痛みを感じる、呼吸困難になりやすい、妊娠高血圧症候群を合併しやすくなる、などがあります。



過少症の症状は正常妊娠に比べ子宮が小さい、胎動が少ないなどがあります。



赤ちゃんにも影響を及ぼすことが分かっており、先天性の奇形症や早産、逆子などのリスクがあります。



過多の場合、妊婦自身が妊娠糖尿病、心臓や腎臓、肝臓の疾患、ウイルスなど感染症に感染した場合も原因となります。



元気な赤ちゃんを産むためにも定期的にきちんと検査を受けるようにし、規則正しい生活を送るように心がけます。



羊水過少・過多の原因と対処法


羊水過少・過多の病名説明妊娠中の病気である、羊水過少・過多の原因は母体もしくはお腹の赤ちゃんの側にいくつか考えられます。



過少の場合は前期破水、もしくは何らかの原因でお腹の赤ちゃんの尿が出ない・出にくくなっている、胎内で赤ちゃんの発達が遅れているなどが考えられます。



過少の対処法は赤ちゃんの体重が増えていない場合は、お母さんである妊婦が睡眠や食事などをきちんととれているかを確認し、必要があれば羊水を人工的に注入します。


ごくわずかですが感染症のリスクが生じます。




過多の母体の側の原因は妊娠糖尿病です。




お腹の赤ちゃんの側に原因がある場合は、胎児の尿量が多かったり、双子などの多胎のケースや胎児腫瘍、胎児梅毒など赤ちゃんに疾患があることもあります。




対処法は赤ちゃんの動きが感じにくい場合や急激な体重の増加があれば、すぐにかかりつけの産科医を受診します。




過少のケースの方がまれですが、過少が長引くとお腹の赤ちゃんの動きが妨げられ、発育に影響が出ることもありますので、人工的に分娩を誘発し、早期に出産をこころみることもあります。



羊水過少・過多の診断を受けた場合は、元気な赤ちゃんを産むためにも、日頃から胎動に気を配り異変があれば、主治医を受診するように心がけましょう。



羊水過多・過少と診断された場合は、定期的に超音波検査による羊水量の検査を受けます。

羊水少なめ 逆子 中期