妊娠中の痔を解決する方法

痔の病名説明


痔 


日本人の約3割が痔になると言われており妊娠中の約8割が痔の経験があると分かっています。



そんな痔にはいぼ痔と切れ痔の2つの種類があります。



さらに分娩時にいきみや胎児の圧迫によって脱肛をおこす妊婦さんも少なくありません。



原因としてまず挙げられるのが便秘です。便秘になると腸が詰まった状態が続き便に水分が吸収されさらに固くなっていしまいます。



この硬くなった便を押し出そうといきむと肛門に圧力がかかってしまい痔が発症します。



もともと妊娠中は子宮が大きくなり腸を圧迫するので直腸周りの血流が悪くなり鬱血します。そんな状態で便秘になるとさらに症状が悪化してしまうのです。




 いぼ痔は校門付近の血流が悪くなる事によって血管の一部がしこりのようになります。自覚症状はなく出血して築く人がほとんどです。




基本的に塗り薬や座薬、内服薬で治療しますが状態によっては手術が必要になることがあります。




切れ痔は肛門周辺の粘膜が傷付いたり、肛門が切れてしまう事を言います。症状としては排便時に痛みや出血が伴います。




気レジを繰り返し慢性裂肛などになると、他の感染症などの病気にかかる可能性があるので注意が必要です。



 痔の原因が便秘であれば便秘の治療を行ったりとかかりつけの医師に相談し元気な赤ちゃんを産むためにも予防や治療を早急に行う事をおすすめします。




痔の原因と対処法


痔

痔は、肛門の痛み、出血、不快感を伴う病気になります。痔になると、普段の生活が不便になり気分もすぐれなくなります。



原因の多くは、下痢や便秘を繰り返す事で起こるようになります。



なかでも便秘は、なる要因と言われ男女問わずかかる傾向が高くなります。



もし、この症状にかかれば、早い内に治療を行う事が先決になります。



固い便を無理に排出しようとして、肛門を傷つける場合があります。


妊娠中の痔

裂肛、切れ痔など、症状が進行すると治療に手術が必要になります。



対処法として、薬を塗る、睡眠、水分、食物繊維を多くバランスよく摂取してみましょう。



また、運動を行いストレスを溜めないような生活を送る事が大事です。



また、女性が妊婦の時も、痔は気を付けないといけない病気です。




妊娠中は、、排卵日から月経までの間、黄体ホルモンが増えて便秘になりやすくなります。



女性は、男性より便秘になりやすいので、意識した生活が必要です。



元気な赤ちゃんを産むためにも、健康を保つ努力をしましょう。



そして、女性で気を付けたいものに感染症があります。



感染症は、行為などで細菌が肛門に入り痔になる原因としてあります。



妊娠中は、肛門付近を清潔にするなど、外部から細菌を寄せ付けないようしておきます。