産後出血が止まらない・大量出血の心配

産後出血の病名説明


 産後出血は分娩時や分娩後に出血が異常に起こる症状で、妊婦の死亡原因の上位を占めており母体死亡の約30%に昇るとされています。

発症すると急激に母体の状態が悪化する可能性があり予見が困難な病気です。

 産後出血の原因は主に2つに分類する事ができます。1つは分娩後の発症までの時間による分類です。

分娩後24時間以内の場合の原因としては胎盤遺残、産道損傷、子宮破裂、子宮内反、癒着胎盤、等が挙げられます。

分娩後24時間~6週までに起こる場合の原因としては感染症や、胎盤ポリープが挙げられます。もう1つの分類は要因部位によるものです。

子宮外の要因としては血液学的疾患、軟産道の血腫、軟産道裂傷、子宮内の要因としては卵膜遺残、羊水塞栓などがあげられます。

産後出血の症状は原因によってさまざまです。

血圧が低下や頻脈などの貧血症状が現われたり、子宮破裂の場合は持続的に出血をしているのでショック状態に陥る事があります。

産後出血が起きた場合は止血処置や輸液、輸血療法を行います。

妊娠中に摂りたい葉酸・その他配合比較
葉酸400μg・鉄分・乳酸菌後藤真希さん愛用サプリメント 愛され葉酸
葉酸400μg:マカ・ピニトール天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
葉酸400μg:ピニトール・ビタミン【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

産後出血予防

 産後出血は妊娠中に予防などはできませんが、先天性凝固障害を持っている方は元気な赤ちゃんを産むためにも十分な対策を行う事が必要です。

分娩後も感染症にかからないよう気を付ける事が大切となります。

産後出血の原因と対処法


出産後、子宮の収縮が始まり、子宮内膜の残りなどが出てきます。

この産後出血は悪露と呼ばれていますが1か月もすると出血がおさまってきます。

悪露による産後出血は妊娠し出産をしたことによる子宮の大きさの変化が原因となっています。

子宮は妊娠中にどんどん大きくなっていくので出産後は体も戻ろうとします。

その結果産後出血が起こり、子宮の中のいらないものが排出されます。

対処法としては出産直後は大量に出血をするのでたっぷりと吸収する産褥パッドをするようにします。

また、感染症にかからないようにトイレに行った後は清潔な清浄綿で拭くようにします。強く拭くと会陰切開の傷が痛んだりするのでやさしく拭くようにします。

その他の産後出血の原因としては子宮が破裂していたり、産道裂傷、胎盤が残っている、子宮内反が起こっている、などの病気があげられます。

こういった場合は24時間以内に異常出血をすることがあり、出血性ショックをおこすこともあるので、必ず、専門医に処置をしてもらいます。

妊婦にとって出産は命がけです。

元気な赤ちゃんを産むためにも日ごろから出産情報に目をむけ、太らないように体重管理をし早産にならないように気を付けます。