痛い!辛い!熱をもつ!産後乳腺炎について

産後乳腺炎の病名説明


産後乳腺炎とは、授乳期に多い、乳腺の細菌性感染による急性炎症の病気のことをいいます。




様々な種類がありますが、主な症状は乳管がつまり、高熱や痛みなどを伴います。




産後乳腺炎は乳管が詰まることが原因で、腺房内に乳汁が貯留して、痛みのあるしこりになります。




主な症状は乳房全体が痛い、授乳時に猛烈な傷みを感じる、赤くなる、関節が痛くなる、高熱や寒気がするなどがあります。




産後乳腺炎はちくっと感じる症状や小さなしこりができることがサインですので、そういったことが起きた場合は早めに対処法を考えるようにします。



産後乳腺炎


産後乳腺炎は疲れなどのストレスも原因となりますが、きつい下着をつける、高カロリーな食事をする、赤ちゃんの母乳の飲み方が偏っているなどもあげられます。

通常の乳腺炎はインフルエンザのような倦怠感や高熱が出ますが、感染症でないためウイルスなどの影響はありません。




急性化膿性乳腺炎の場合は赤ちゃんが乳首をかむことにより傷ができ、そこから化膿していくので膿が溜まることがあります。




乳汁が原因の場合は乳房マッサージを行いうっ滞を取り除きますが、急性化膿性などの場合は抗生物質を投与します。




まれに妊婦の場合でもなることもあります。元気な赤ちゃんを産むためにも妊娠中から乳房の手入れをするように心がけます。




産後乳腺炎の原因と対処法


産後授乳を開始する上で発生しやすい病気に産後乳腺炎があります。



その原因となるものには食事の内容、特に脂肪分の多い高カロリーな食事は血液をドロドロにしやすく良いものではありません。




授乳中の摂取カロリーは通常よりは多くのカロリーが必要となりますが、栄養バランスを考慮し葉酸、カルシウム、ビタミンが不足しない内容にすることが大切です。




また胸部付近を締め付けるような衣服、下着の装着も良くありません。




そして産後乳腺炎一番の原因となるのが赤ちゃんが飲み切れずに残ってしまった母乳です。




この飲み残しが乳腺を詰まらせ産後乳腺炎を起こします。




更にそこに細菌が入ってしまうことで感染症を引き起こす危険もあります。




これに対する対処法は乳腺の循環をよくすることで、古い母乳はしっかりと体外に排出することです。




赤ちゃんに吸い出してもらうことが最適ではありますが、その他にも搾乳機を使用したり、マッサージにより排出することも可能です。




産後授乳炎に関しては産後だけではなく妊娠中から産後により良い状態で授乳ができるよう、おっぱいマッサージなどの取り組みを行って置くことも一つの対策です。




元気な赤ちゃんを産むためにも妊婦のうちから母体である自身のケアをすることが重要です。