妊娠中にクラミジアに感染してしまいました:妊婦健診検査を性器クラミジア感染症

妊娠中にクラミジアに感染


妊娠が発覚して、妊娠時の検査でクラミジアに感染していることがわかりました。

自覚症状は全くなかったので、まさか感染しているとは思わなかったのですが、感染しており、抗生剤を一週間飲むことになりました。

抗生剤を内服してから検査するとクラミジアは陰性になりました。

妊娠中なので、これを気に健康で丈夫な身体を保持していき、またこれから産まれてくる赤ちゃんのためにも

妊娠の安全な継続の為に良いと言われている、葉酸サプリを毎日飲むことにしました。

医師に話をしたら、妊娠中は葉酸サプリを積極的に飲んだほうが良いと言われたので続けて飲んでいます。

そのせいか、血液検査でやや貧血気味だったものが改善したりと身体が良い方向に向かっている感じがします。

>>私が飲んでいる葉酸サプリはこれ



クラミジア感染症 妊婦

性器クラミジア感染症の病名説明


性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症はクラミジアトラコマチスと呼ばれる細菌に感染することによって起こる感染症です。




女性が性器クラミジア感染症にかかると、おりものの増加や不正出血、セックス時の痛み、下腹部通などが起こることがありますが自覚症状がないこともあり、性器クラミジア感染症を発症していることに気がつかないことも少なくありません。




しかし、そのままにしてしまうと細菌が子宮頸管や腹腔内にも入りこみ子宮頸管炎や卵管炎などを起こすこともあります。




妊娠中にかかってしまうと分娩時にクラミジア産道感染で結膜炎や新生児肺炎などを引き起こしてしまうこともあります。




また妊娠前にクラミジアに感染しているとその影響で卵管閉塞などを招いたり、子宮外妊娠につながってしまうこともあります。



性器クラミジア感染症


性器クラミジア感染症は自覚症状が少ない病気でもあるため注意が必要で、元気な赤ちゃんを産むためにも妊娠を希望する場合には婦人科で検査を受けるようにすると良いですし、妊娠中の場合には妊婦健診で検査を受けることができます。



その際に感染に初めて気がつく人も少なくはありません。



その場合にはすぐに抗生物質を服用することでしっかりと治療することができるので、感染がわかっても必要以上に心配することはありません。



性器クラミジア感染症の原因と対処法


性器クラミジア感染症とは、性感染症の一つです。


クラミジアトラコマチスというう病原抗体により感染します。



性器クラミジア感染症の病気の原因は、性行為はもちろんのことオーラセックスなど、粘膜や精液、膣分泌液などの接触により感染します。




男女ともに感染しても自覚症状がないことが多く、いつの間にか気づかないうち、パートナーに感染しているこもあります。



女性の場合、こちらの感染症にかかると妊症などの原因となるので、注意が必要です。



症状が進むと、不正出血やおりものの変化、下腹部の痛みなどが出るといわれています。




又、妊娠中の方は、妊婦健診で、出産時の母子感染を防ぐことができます。



性器クラミジア感染症を防ぐ対処法としては、コンドームの使用などで防ぐかことが可能です。



女性は、妊娠などに影響を与える病気なので、元気な赤ちゃんを産むためにも、日頃から予防をするなど、しっかりと対処法を考えた上で、性行為を行うことが大切です。



又、クラミジア感染症は、性器のみではなく、咽頭への感染もあります。



少しでも違和感を感じたり、自覚症状がなくてもパートナーに症状が出た場合は、速やかに婦人科などの医療機関に受診することをお勧めします。