子宮頸がんの原因:ヒトパピローマウイルス感染

子宮頸がんの病名説明


 婦人科系のがんで最も多い子宮がんには子宮頸がん子宮体がんがあります。



子宮体がんは胎児を育てる子宮体部の内側にある子宮内膜から発生し、子宮頸がんは子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる場所から発生します。




 子宮頸がんの原因としてはヒトパピローマウイルスの感染によるものです。


性交渉で感染する細菌として知られており、子宮頸がんの患者の90%以上からこのヒトパピローマウイルスが検出されており、この癌は感染症が原因で起こる病気と言えます。



 子宮頸がんの症状は初期の場合全くと言っていいほど症状が現われません。


ヒトパピローマウイルス感染


月経中でない時や性行為のあとに出血が起きたり普段と違うおりものが増えた場合などいつもと違うことが体に現われた場合ためらわずに病院に行く事が重要です。




 この病気は妊娠中の妊婦がはじめて検診を受けて発見する事があります。




最近では晩婚化と癌の若年化が進み癌合併妊娠の頻度が高くなっていると言われています。




そのため、元気な赤ちゃんを産むためにも子宮がん検診を2年に1回は受ける事が必要となります。




この癌は長い期間で徐々に進行していくものなので異形成の段階での発見が重要となります。




異形成かた癌に進行するまで5年~10年かかると言われているので検診が最も重要な予防法となります。




子宮頸がんの原因と対処法


子宮頸がんの原因はほぼ100%解明されています。


原因はヒトパピローマウイルスによるものであり、皮膚と皮膚の接触で感染することが分かっています。



ほとんどの場合、性行為による感染症だと推定されています。




現在晩婚化や子宮頸がんに若くしてかかる人が増えており、子宮頸がん合併妊娠の割合が増えています。



元気な赤ちゃんを産むためにも、妊婦は妊娠初期に子宮頸がんのスクリーニング検査をうけることが望ましいとされています。



妊娠中に子宮頸がんの病気にかかったことが判明した時の対処法としては、前がん状態やごく初期のがんであれば子宮頸部の円錐切除術を行います。




時期は妊娠14週から15週が良い時期です。



子宮頸部をレーザーや電気メスで円錐状に切り取る方法です。




子宮を取るわけではないので、妊娠を継続していくことができます。



しかし、がんが子宮頸部の表面を超えさらにそれ以上進行している場合は、子宮の全摘手術が検討されます。




進行した子宮がんは妊娠を継続することが難しいのが現状です。



さらに進行した場合は、子宮の全摘手術にとどまらず、卵巣や膣、リンパ節など広範囲に切除しなくてはならないこともあります。



また必要に応じて化学療法や放射線治療も合わせて行い、積極的にがん治療を進めていきます。