妊娠高血圧の原因と対処法

妊娠高血圧の病名説明


妊娠高血圧

妊娠高血圧症は妊娠中毒症とも呼ばれており、妊娠20週から分娩後12週の間に、高血圧や尿たんぱくが出てきます。



妊娠8か月以降に出ることが多く、むくみなどの症状が現れます。



妊娠高血圧の原因は主にストレスや虫歯や尿、歯周病といった感染症のほか、高齢出産、多胎出産の場合や以前から高血圧だった、肥満や肥満気味だったといったことがあげられます。



妊婦が多くかかる病気で検診の際血圧検査や尿検査をすることによりわかります。


妊娠高血圧になるとむくみのほか尿たんぱくが出るといったことが起こります。



その他の症状としては頭痛や倦怠感を感じることもあります。むくみでおかしいな、と気が付くことがありますが、むくみは通常の場合でもなることがあるので注意が必要です。



そのまま放置しておくと母体の影響として胎盤早期剥離やけいれんを起こしてショック状態になってしまう子癇前症を引き起こします。



高血圧


重篤な場合は帝王切開になったり子宮摘出手術を行ったりすることになってしまうので、日ごろから体調管理をするようにします。




妊娠高血圧は胎児にも影響を及ぼします。妊娠高血圧症になると血流がうまく流れなくなり赤ちゃんに十分に酸素が行きわたりません。




その結果発育不全や低体重児、低酸素脳症を引き起こします。



元気な赤ちゃんを産むためにも日ごろから食事と運動に注目するようにします。





妊娠高血圧の原因と対処法


妊娠高血圧の原因と対処法

妊娠高血圧症は以前は妊娠中毒症と呼ばれていました。




妊娠20週以降、分娩後12週まで血圧の上昇や高血圧のほか蛋白尿が出る、といった症状があります。



妊娠後期に多く発症し重症化すると母子ともに危険があります。



感染症の病気ではありませんが、20人に1人はなるといわれており注意が必要です。



妊娠高血圧の原因は詳しくはわかっていません。ですが、原因として考えられているのは高齢出産、双子など多胎出産の場合やストレス、妊婦前から肥満気味だった、などがあります。



歯周病や虫歯といった感染症が引き金となっていることもあります。




そのまま放置をしておくと血液の流れが悪くなり赤ちゃんに十分に酸素が行かなくなり胎児発育不全を引き起こしたり、低出生体重児になったりしてしまう場合があります。



妊娠中毒症


母体にも影響があり、胎盤が分娩前に子宮壁からはがされてしまう常位胎盤早期剥離が起きて大量に出血をすることもあります。




妊娠高血圧はむくみが主な症状です。その他に頭痛や倦怠感を感じます。




妊娠検査の際数値を測るとすぐにわかるので、きちんと検査に行くようにします。




主な対処法は塩分や糖分の取りすぎに気を付ける、ストレスをためない、運動を心がけるといったことがあります。




元気な赤ちゃんを産むためにも食生活の見直しをすることが大事です。