妊娠中に妊娠糖尿病と診断されました:妊娠糖尿病は将来、将来的になる確率が高くなる?

妊娠中に妊娠糖尿病になりました


第二子の妊娠中の糖負荷検査で基準値を超えてしまい、妊娠糖尿病と診断されました。

糖尿病の家族歴もないし、今まで健康診査で引っかかったこともなかったのでとても驚きましたしショックでした。

インスリンを打つほどの状態ではないものの、食事管理はしっかりするように栄養士から指導を受け、それから運動も無理をしない範囲でするように指導されました。

妊娠初期から服用していた葉酸サプリは続けて飲んでも構わないか聞いたところ、それは問題ないとのこと。

栄養補助の一環として引き続き葉酸サプリも飲んでいます。

妊娠糖尿病は出産後は治りますが出産後も栄養管理は大事にしてくださいと医師に言われたので、出産後も葉酸サプリを続けていきたいと考えています。

>>私が飲んでいる葉酸サプリはこれ


妊娠糖尿病 妊娠中


妊娠糖尿病の病名説明


妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは妊娠中の病気のひとつで、妊娠してはじめて血糖値が高い状態が発見された場合をさします。



妊娠初期に産科の検診で、糖尿病の検査が行われますが、妊娠している女性の全体の7〜9%が妊娠糖尿病と診断されており、比較的高確率でかかりやすい病気と言われています。




妊娠している間に糖尿病にかかると、お母さんである妊婦とお腹の赤ちゃん双方に対してさまざまな合併症をひき起こすリスクが高くなります。




お母さんの側には、早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多や羊水過少など羊水量の異常、肩甲難産、尿路感染症などをひき起こします。




赤ちゃんの側には、形態異常、巨大児、低血糖などをひき起こし、流産や死産の原因になってしまうケースもあります。


糖尿病


妊娠糖尿病の症状はほとんどなく、自覚症状を感じる前にほとんどケースが産婦人科の検診で発見されます。




妊娠以前に糖尿病にかかっていた場合は、妊娠糖尿病とは呼びませんが、母体・お腹の赤ちゃん双方にリスクがかかり、妊娠中も血糖管理やインスリン治療が必要なのは同じです。



妊娠糖尿病にかかった女性は、将来的に糖尿病にかかる確率が高くなりますので、出産後も継続して血糖管理を行う方が安心です。



元気な赤ちゃんを産むためにも、食生活や生活習慣に継続的に気を配ることが必要になります。



妊娠糖尿病の原因と対処法


妊娠糖尿病の原因と対処法
妊娠糖尿病はホルモンバランスが原因となっており、食生活に気を付けていてもなりやすい病気の一つです。



妊娠検査の血糖値の値から判断されることが多く今まで糖尿病と言われたことがない人でも約10%の人が妊娠糖尿病と診断されます。



出産後軽減されることがほとんどです。



妊娠糖尿病になる原因は妊娠中に分泌されるホルモンの影響が主で、血液中の糖の分解が難しくなることが原因で起きます。




妊娠すると、胎盤からインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されたり、壊す酵素が作られたりするため、インスリンが効かなくなり、血糖値が上昇してしまいます。



妊娠糖尿病の症状

妊婦がなると羊水が多くなったり、帝王切開になったりすることがあります。



赤ちゃんへの影響は早産や流産を引き起こすほか巨大児、発育不全、心臓病を引き起こす可能性があります。



感染症ではないのでうつる危険性はありません。対処法はバランスの取れた食事をする、適宜運動をするといったことが重要です。



スポーツドリンクや果物には糖分もたくさん含まれていることが多いので飲みすぎ食べすぎに注意します。



運動は全身運動であるウォーキングが良いでしょう。30分ぐらいを目安にゆっくりリズミカルに歩くようにします。



元気な赤ちゃんを産むためにも日ごろの生活を見直し規則正しい生活を送ることが予防法として大事です。