1. TOP
  2. 【プレパパに伝えたい出産準備:その①】産前・産後にパパがすべきこと・出産準備チェックシート

【プレパパに伝えたい出産準備:その①】産前・産後にパパがすべきこと・出産準備チェックシート

出産準備 プレパパ

自然分娩であれば、妊娠10カ月頃に出産を迎えます。

妊娠8カ月からは「出産準備期間」とも呼ばれ、産まれてくる赤ちゃんのために色々な準備をしなくてはいけません。

また妊婦さんの入院するタイミングは、その時がやって来なければ分からないため、準備不足により悩まされるご家庭も少なくないです。

そこで産前産後にパパがすべきことを紹介します。

是非、プレパパに見せて、出産に向けた協力をお願いしましょう!!

【よく読まれている記事】
プレパパに伝えたい出産準備:その①
産前・産後にパパがすべきこと・出産準備チェックシート

妊娠8カ月~9か月目にすべきこと

  • 病院(産婦人科)までの交通手段や近隣駐車場の確認
  • 緊急時に備えて病院までの行き方を調べる
  • 診察券や保険証、身分証の保管場所を把握する
  • 入院費用を準備する
  • 緊急入院に備えて荷物の保管場所を確認する
  • 主治医の名前を調べる
  • 病院の電話番号をメモする
  • 病院の救急連絡先を調べる
  • 親族等の連絡先を控えておく

小さいお子さんがいらっしゃるなら、緊急時に預かってもらう先の電話番号や住所も調べておきましょう。

出産準備チェックシート

また、いつ入院するかは分かりませんので、普段はママが対応していた「生活習慣(家事)」も覚えておく必要があります。

  • ゴミ出しの曜日・宅配サービスの申し込みや受取日
  • 冷蔵庫に入っている食材の消費期限
  • 衣服や下着、生活用品の保管場所
  • 新聞購読料金や家賃などの定期支払い
  • 上の子の保険証や書類の保管場所
  • 上の子の食事や習慣、時間割

居住地域によってはコミュニティに参加しており、定期活動や掃除当番などを行っているかもしれません。

出産予定日を伝えていても、急な入院は近隣住民やコミュニティ参加者を困らせてしまうため、奥さんが地域活動などに参加していれば、関係者の連絡先も控えておくべきです。

出産準備 出生届

出産予定日~退院までにすべきこと

  • 出生届(生後2週間以内)
  • 児童手当の申請
  • 赤ちゃんを健康保険に加入させる
  • 保育園や幼稚園、託児所への申請
  • 入院給付金や手術給付金の支払い確認(生命保険)
  • 親族やお世話になった人への連絡

問題が起こらなければ、入院期間は約1週間です。

この時、パパには各種手続きが待ち受けています。

退院後でも十分に対応できるのですが、出産後の女性は疲れ果てており、2人で一緒に考える時間は無いかもしれません。

ママの負担を減らすためにも、出産予定日を迎えたら事前準備を開始しましょう。

出産予定日が年末や年度末の場合、保育園などの申請窓口は大変に混み合います。

申請漏れや忘れ、審査に落ちてしまうとママの出産後の仕事復帰が難しくなりますので、注意してください。

出産準備 プレパパ

ママと赤ちゃんを自宅に迎える準備

赤ちゃんが生まれると、親族や友人に喜びを伝え、会社の人間からも祝福されるでしょう。

不慣れな申請手続きや単身生活も終わりを迎え、ほっと一安心かもしれません。

ただし、一家の大黒柱として最後の最後で躓かないようにしましょう。

ママと赤ちゃんが自宅にやってくるということは、次のような準備が必要となるのです。

  • 食器や食べ物の後片付け
  • 洋服などの整理整頓や部屋の掃除
  • お風呂やトイレの掃除
  • 赤ちゃんの寝る場所や哺乳瓶、肌着、おむつの用意

食器洗いや生ごみの処分、部屋の掃除などを怠ると、空気中には細菌やホコリが舞います。

出産後の女性は免疫力が低下していると言われており、病気を患う可能性が高まるかもしれません。

自宅に迎え入れた赤ちゃんも原因不明の咳をする恐れがありますので、最高の環境で迎えられるように部屋の中を綺麗にしておきましょう。

ママの体のケアに葉酸サプリをプレゼントしませんか?
元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

出産準備 プレパパ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア