トキソプラズマの原因や症状、対処法

トキソプラズマの病名説明


トキソプラズマ

トキソプラズマとは、とても小さな寄生虫のことで、世界の人口の3分の1以上が感染していると言われています。



トキソプラズマ症は、健常な成人であれば症状が出る事は稀であり、もし発症しても軽い風邪のような症状が現れるだけです。




中には、筋肉痛や発熱などが現れる場合もありますが、重症になるようなことはないため、危険性は高くない感染症です。




また、1度感染すると免疫ができるため、2度とかかることがない病気です。



トキソプラズマ症


トキソプラズマ症に1度もなったことがない妊婦が、妊娠中に感染すると、胎盤を経由して赤ちゃんに感染してしまい、先天性トキソプラズマ症を引き起こす可能性があります。




また、妊娠初期には流産、妊娠中期には胎児の低体重や脳炎、肝機能障害や貧血、リンパの腫れなどの症状が現れます。




妊娠後期には、脳内石灰化や視力障害、運動障害なども起こる可能性があります。




トキソプラズマが、母体から胎児に感染する確率は、妊娠初期よりも妊娠後期の方が2倍~3倍高くなりますが、妊娠初期の方が症状が重くなります。




しかし、あまり気にしすぎて不安を抱えてしまうと、それがかえってストレスになってしまうので、元気な赤ちゃんを産むためにも、必要以上に怖がらず、どのような病気かをきちんと理解する事が大切です。




トキソプラズマの原因と対処法


トキソプラズマ

トキソプラズマの感染経路は経口感染が主とされています。



どのようなことが原因となるのか、その対処法と共に紹介していきます。



感染原のひとつとしてペットからの感染があげられます。



猫の糞はトキソプラズマを人間に媒介することがあります。



初感染した猫の糞に卵が含まれているため、それが人間の体内に入ることで感染します。しかし、だからといって大切なペットを手放すことはできません。




飼い猫が室内飼いであればまず心配ないでしょう。



先天性トキソプラズマ症


外飼いであったり、虫やネズミ、生肉を食べたりしているとトキソプラズマに感染している可能性があります。



心配であれば、動物病院で猫がトキソプラズマに感染しているのか検査をしてみても良いでしょう。既に昔に感染しているようであったり、未感染なら心配はありません。



飼い猫の糞の処理は、家族に任せるか、自身で行うのであれば手袋やマスクをして行うようにしましょう。




また、猫の糞で汚染された土壌などにも注意が必要です。ガーデニングや草むしりも同様に、手袋やマスクをして行うようにしましょう。




妊婦自身がトキソプラズマ検査で陰性であれば、妊娠中に初感染しないように気を付けましょう。




妊娠中の病気は心配です。元気な赤ちゃんを産むためにも、感染症の原因を防いで健やかに生活を楽しみましょう。