サイトメガロウイルス母子感染

サイトメガロウイルス母子感染の病名説明


サイトメガロウィルスは、ヘルペスウィルスの仲間であり、一般的には症状に出ることは少ないですが、病気にかかっていたり、妊婦などの免疫力が低下している人には症状が出やすくなります。



日本人の場合は乳幼児期の感染率が高いので大体の人が抗体を持っていて、再感染することはありません。




しかし乳幼児期に感染していない人は、性的に活発な若い成人層に感染が多いと言われています。症状は出なくても妊娠中に初めて感染してしまった場合は様々な問題が生じます。



サイトメガロウイルス母子感染によって出産時に異常がある場合が1割あり、それを先天性感染と言います。



サイトメガロウイルス母子感染とは、妊娠中に母親が初めて感染した場合に、胎盤を通して赤ちゃんに感染してしまうことです。



後天性感染症は感染者の体液(唾液、涙、母乳、尿、便、血液、腟液、精液など)に周期的に排出されているのでそれらの体液との密接な接触によって感染します。



サイトメガロウイルス母子感染


一度感染してしまえば、再感染はありませんが、体内にウイルスが存在しているので免疫力が低下している時には症状が出ることがあります。



元気な赤ちゃんを産むためにも、サイトメガロウイルス母子感染は極力避けられるように注意しておくことが重要です。




サイトメガロウイルス母子感染の原因と対処法


サイトメガロウイルス(CMV)はとも呼ばれ、ヘルペスウイルス科のウイルスの一種です。



日本人成人の大部分が抗体を保有していることから、多くの人が幼児期に不顕性感染しているといわれています。



つまり、一般的な感染症ともいえ、多くの場合は重篤な症状が出るようなこともないのですが、このウイルスに抗体をもっていない妊婦の方はサイトメガロウイルス母子感染の危険性があるので要注意です。



サイトメガロウイルス母子感染が起こる原因はいくつか考えられますが、子どもの唾液や尿に注意する必要があります



例えば、サイトメガロウイルスを保有している子どもが食べ残したものを妊娠中のお母さんが食べると、生まれてくる赤ちゃんに胎内感染してしまうことがあります。



また、妊娠中に子どもの鼻水や唾液をふき取った際やおむつを交換したときにも同様の危険性があります。



これらの原因から考えられる対処法としては、子どもの唾液、鼻水、尿との不必要な接触は避け、これらに触れたときにはその都度石鹸を使った手洗いを徹底するということです。



サイトメガロウイルス母子感染が起こった場合、赤ちゃんが、肝機能異常、紫斑、肺炎などの病気をもって生まれることがあります。



また、生まれた時に症状が無くても、数か月後に難聴、運動障害を起こすことがあります。



元気な赤ちゃんを産むためにもサイトメガロウイルス(CMV)に対する正しい知識をもって予防するようにしましょう。