妊娠中のクラミジア感染症について

クラミジアの病名説明


クラミジアは男女問わず感染する性感染症の一つです。


セックス(オーラルセックスを含む)により感染しますが、症状が出るまでには数週間かかる場合もあることから、自覚症状のないままに他人に移してしまう可能性も十分あり得ます。



妊婦は特に注意が必要で、産道感染の状態で赤ちゃんを産むと、赤ちゃんにも肺炎その他の病気を引き起こし重篤な影響を及ぼすことがあります。



クラミジアの症状が出る場合は、膣分泌物の異常や排尿時の違和感といったもので判断できますが、前述の通り発症までに時間がかかることがある為、元気な赤ちゃんを産むためにも妊娠中、又妊娠していなくても複数の人との性交渉があった場合には、クラミジアの検査を行っておくことが望ましいと言えます。



検査は病院で行うことが一般的ですが、泌尿器科に行くことが恥ずかしい人もいると思います。



そんな時は検査キットというものもあるので、そういったキットで検査することもひとつです。



気を付けないといけないのは、治療せずに安易に考え放置したままにすることです。



治療をためらっていると生殖器自体にも深刻で且つ永続的な影響を及ぼすこともあります。



仮に感染していた場合でも適切な治療を行うことで比較的容易に治癒できるので、妊娠中の女性だけでなく若い人も心当たりがある人は一度検査をすることが賢明です。




クラミジアの原因と対処法


クラミジアという性感染症を知っていますか。



中には妊婦健診で初めてクラミジアに感染していることに気づいた人もいるでしょう。



それだけ自覚症状が出にくい病気ですが、何が原因で感染してしまうのでしょうか。



クラミジアは性行為によって人から人へと感染が広がっていきます。



しかも、挿入行為がなくともオーラルセックスによって感染するケースもあるのです。



また、のどにも感染の可能性があるため、ディープキスが原因になることもあります。



妊娠中は特に病気や感染症に気をつけなければなりませんが、クラミジアに感染してしまった場合、母体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしかねません。


妊婦のクラミジアに感染


妊娠初期は流産のリスクが高まり、出産時に完治していないと赤ちゃんが産道感染する恐れがあります。



赤ちゃんが感染してしまうと、肺炎や新生児結膜炎を引き起こしかねません。



肺炎などは特に負担が大きいですから、最悪の場合、死に至ることもあり得るのです。



対処法としては、妊娠中であっても使用できる抗生物質を服用することです。



自己判断で止めたりせず、必ず医師の指示通り飲みきってください。



元気な赤ちゃんを産むためにも、クラミジアに感染しないように注意することはもちろん、できるだけ早期に検査を受けておきましょう。



早期発見、早期治療が何より大切なのです。