1. TOP
  2. エイズウイルス感染・母子感染

エイズウイルス感染・母子感染

エイズウイルス感染

エイズの病名説明


エイズとはHIVに感染することで発症する感染症のひとつです。

初期症状としては軽い風邪をひいた時のような症状があらわれることが多いですが、目立った症状がないまま進行していくことも少なくありません。

エイズは、後天性免疫不全症候群と言う正式名称が示している通り、最終的には免疫機能が著しく低下してしまう感染症です。

そのため、たとえば軽微なインフルエンザにかかっても、肺炎などの重篤な合併症を発症してしまったり、様々な病気にかかりやすくなる、体の衰弱が進行してしまうなどの症状が出てきます。

エイズにかかっていることに気がつかないまま妊娠した場合、HIVは母子感染でもうつる病原体ですから、妊娠中に体内の赤ちゃんにうつる可能性もあります。

ですが、この可能性は妊婦さんが妊娠初期の段階で検査を受け、適切な治療を受けることで大きく低下させることができます。

またこれによって出産後にも、誕生した赤ちゃんに適切な対応をとることができます。

これはまた、体内でのHIVの増殖を抑え、エイズの進行を遅らせるためにも必要なことです。

ですから元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠が分かった時点で検査を受けることが推奨されます。

またエイズは、性交渉時の体液と粘膜の接触によっても感染します。

ですから、コンドームを使用しない、妊娠を目的とした性交渉を持つ場合には、夫婦そろってHIVに感染していないかどうかを検査しておくと安心です。

元気な赤ちゃんを産むために病気になりにくい身体作りが妊婦さんの基本!
葉酸は血液を作る造血ビタミンとしても有名です。
良質な血液を作ることは、
  • 胎児への栄養補給にもなります

  • 母乳も血液からできています

よって、1日も早く自身のカラダのメンテナンスに取り組みましょう。
ちなみに葉酸は、妊娠初期だけとればいいものではなりません。中期も後期も出産後も積極的に摂取しましょう。
【私の体験談】
私の場合、妊娠がわかり当初は安定した日々でしたが、
つわりが始まると非常に体調を壊し合わせて精神的な不安にも駆られるようになりました。

妊婦の友達に相談をしても、症状が違うためなんとなく分かり合えることもできず・・・。

少なくとも体調だけは赤ちゃんのために改善したいと思い、インターネットで妊娠中に積極的に食べた方がいい食べ物や飲み物、また運動も軽く行い徐々に大きくなるお腹に対応していました。

皆さんも赤ちゃんのために日々色々な体のケアを行っていると思います。

私の場合、精神的な部分でも病んでいたため安定・安心をどう確保するのか非常に悩みました。
そこで私なりの結論は

  • 積極的に外出をする

  • しっかり葉酸をとる


この二つでした。

外出に関しては、友達に会ってもストレスになることもあったので、散歩やショッピングなど外に出ることで一人で悩む時間が減り、開放感や不安感が取り除かれました。

葉酸に関しては、飲み始めると体の不調が徐々に和らぎ、体が楽になるのを実感しました。
私の場合妊娠初期だけでなく中期、後期、出産後も飲んでいました。

私はベルタ葉酸サプリが有名だったので飲んでいましたが、今はその時より葉酸サプリの種類も増えているのでどれがいいかは個人の判断になると思います。
個人的には一番安い商品を試し様子を見たりしていいかなと思います。

【妊娠中に摂りたい葉酸サプリメント】
ママナチュレ 葉酸サプリ
>> 天然葉酸配合【ママナチュレ 葉酸サプリ】
【葉酸400μg・鉄分・乳酸菌】
ベジママ
>> 【完全返金保証付】新妊活サポートサプリ『ベジママ』
【葉酸400μg:ピニトール・ビタミン】
ベルタ葉酸サプリ
>> 妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ
【葉酸400μg:DHA、EPA、乳酸菌】

エイズの原因と対処法


エイズとは、HIV(ヒブウイルス)すなわちエイズウイルスへの感染が原因となって発症する感染症のことです。

その感染経路としては、感染者との性行為、ウイルスの付着した注射針や注射器を使うこと、感染者により提供された血液もしくは血液製剤の使用などが挙げられます。

そして、このような経路で感染した妊婦が、妊娠中(および出産後の授乳期)に自分の子どもにウイルスを感染させてしまうケースもあります。

ですから、女性の場合は特に、元気な赤ちゃんを産むためにも、この病気に対する適切な対処法を理解しておくのは重要なことです。

例えば、性行為が原因となる感染を防ぐためには、コンドームの適切な使用が有効であると言われています。

これを着用しない場合と比べ、着用した場合の方が感染のリスクをはるかに低減できるからです。

妊婦のエイズ検診

しかし、絶対的に安全というわけではないので注意が必要です。性行為の途中でコンドームが外れたり破損したりする可能性があるからです。

また、性行為の最初の段階から(もしくは、性行為の開始前から)装着していなければ、相手の体液に触れてしまう可能性は高まります

とはいえ、コンドームの使用は妊娠の妨げとなるものです。

したがって、妊娠を希望する女性は、性行為の相手(夫)である男性がエイズウイルスに感染していないことを十分に確認するのが重要です。

男性(夫)もウイルス検査を受けるなどして、積極的に協力すべきです。

\ SNSでシェアしよう! /

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの注目記事を受け取ろう

エイズウイルス感染

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊娠中の病気・感染症@元気な赤ちゃんを産むためにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 妊婦中にりんご病を発症しました。りんご病の症状

  • サイトメガロウイルス感染 妊婦

    ノロウイルス

  • 妊婦のインフルエンザ予防接種

    子癇(しかん):妊娠中毒症

  • 前置胎盤

    命にかかわる静脈血栓症

  • 妊婦のクラミジアに感染

    サイトメガロウイルス母子感染

  • トキソプラズマ 妊婦

    梅毒検査に血液検査