妊娠中のインフルエンザ予防接種

インフルエンザの病名説明


インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症の病気です。


季節性と新型のものがあり、季節性の場合ウイルスはA型、B型、C型とありますが、重症化しやすいのはA型です。



インフルエンザの症状は突然の高熱の他倦怠感や頭痛があり、感染すると通常の生活を送ることは困難になります。



熱がおさまってきた3日ぐらいに鼻水や咳といった症状が出てくるのも特徴の一つです。



妊娠中にインフルエンザにかかると重症化するといわれています。



これは妊婦が妊娠していない人に比べ抵抗力がなくなっていることが原因と言われています。



妊娠4~36週は特に悪化しやすいので防ぐためにもインフルエンザの予防接種を行うようにします。




予防接種はおなかの赤ちゃんに影響がありません。妊娠中に予防接種を行うことにより抗体が胎盤を通しておなかの赤ちゃんにも送られるので産まれてから約6か月間は抗体を維持していることが可能です。


妊婦のインフルエンザ予防接種


また、注射器にワクチンが入っているものには防腐剤が入っていないので予防接種をする際には防腐剤が入っていないものにしてほしいと伝えるようにします。



感染した場合、タミフルなど投与しますが、こちらも安全が確認されています。



とはいえかからないことが大事なので元気な赤ちゃんを産むためにも日ごろから手洗いの習慣をつけておくようにします。




インフルエンザの原因と対処法


インフルエンザには季節性のものと新型のものとがありますが、毎年流行するのは季節性のインフルエンザです。



ウイルスは3種類あり感染力が強いA型、春先にかかることが多いB型、かかったかどうかわからないC型があります。



インフルエンザにかかる原因は飛沫感染や空気感染、接触感染があります。



インフルエンザはウイルスによる感染症の病気のため大変感染力が強く、近くにかかっている人がいる場合、簡単にかかってしまうことがあります。



特に妊娠中は妊婦でない方よりもかかる率が高くなります。



原因は抵抗力や免疫力が低下していることがあげられます。



インフルエンザにかからないようにするための対処法のひとつに予防接種があります。予防接種は妊娠中に打っても胎児に影響がないことがわかっています。



胎盤を通して抗体も赤ちゃんにいくため、出産後6か月間は抗体により赤ちゃんも守られます。



予防接種は卵アレルギーの方はやらないようにしますが、元気な赤ちゃんを産むためにも予防接種を受けるようにします。



仮に感染してしまった場合はタミフルを処方してもらうようにします。タミフルもまた赤ちゃんには影響がないことがわかっています。



適切に対処しないとより重症化してしまいますので、医者の指示に従うようにします。