妊婦中にりんご病を発症しました。りんご病の症状

妊婦中にりんご病を発症しました


私は妊娠中妊娠中にリンゴ病になってしまいました。

きっかけは上の子がリンゴ病気にかかってしまい、看病をしていました。

マスクをして空気清浄機を使用していましたが、看病していた私にも病気が発症してしまいました。

顔が赤くなり、熱が38度も出てしまい、体はだるくてつらかったです。そこで知人から葉酸サプリを勧められました。

葉酸は赤ちゃんの神経の発達に良いとのことで、リンゴ病にかかってしまったことで色々心配になったわたしは、インターネットから人気の葉酸サプリを購入し、出産まで飲み続けることにしました。

葉酸サプリを出産まで飲み続けた結果、出産後、胎児には何も病気がなく、無事に大きくしっかりと育っているので安心しました。

>>私が飲んでいる葉酸サプリはこれ



りんご病 妊婦

りんご病の病名説明


りんご病とは

りんご病とはウイルスが原因の病気です。



正式名は伝染性紅斑ですが、感染すると頬に赤い湿疹が出るためその様子がリンゴに似ていることからりんご病と呼ばれています。




実際には、手足にも発疹が出ます。主に、4歳から10歳ぐらいの子供がかかり、一度かかると繰り返しかかることはないといわれています。



りんご病


りんご病の症状はほほの赤い発疹の他発熱や全身の倦怠感、関節痛などインフルエンザに似た症状が出ます



感染症のため誰でもかかりやすく、潜伏期間は1週間から20日前後と長くなっています。



紅斑が出たときにはすでに感染力が弱くなっており出る前が大変感染力が強くなっているので注意が必要です。




妊娠中でも近くにりんご病の方がいると簡単に感染してしまいます。




妊婦が感染した場合、赤ちゃんに影響が出る危険性があります。



ウイルスに感染するのは赤血球のもとになる「赤芽球」という細胞なので一時的に赤血球が作られなくなります。




赤血球が少なくなると胎盤へ血液の補給ができなくなる他、胎盤を通して感染してしまいます。




そうなると、7割近くが流産や死産となってしまいます。妊娠4~36週を通してリスクはありますが、特に妊娠初期は危険です。




抗体を持っているかどうかの検査はすぐにわかるので検査を行うようにし、元気な赤ちゃんを産むためにもマスク着用や手洗いうがいを積極的に行います。



りんご病の原因と対処法


りんご病の原因と対処法

りんご病はパルボB19ウィルスによって引き起こされる感染症の病気です。



りんご病はパルボB19ウィルス


感染力は大変強く飛沫感染や接触感染がおもな原因です。

りんご病の正式名は伝染性紅斑病といい、主に4歳から10歳までの子供が感染します。



りんご病の症状はほほに赤い発疹ができるほか、手足にも発疹が見られます。全身の倦怠感、頭痛、高熱など風邪に似た症状もあります。



一度かかると二度はかからないといわれています。そのため抗体を持っている方のほうが多いです。

しかし、妊娠中にりんご病に感染するとおなかの赤ちゃんにも重大な影響を及ぼすので、元気な赤ちゃんを産むためにも妊娠前に抗体検査をするようにします。



りんご病は非常に感染力が強く家族でかかった人がいると約半数がうつされてしまいます。




妊婦が感染するとリスクが高いため家族に感染した人がいた場合はすぐに医者に行くようにします。




妊娠中にかかると胎内感染によっておなかの赤ちゃんにも影響を及ぼし流産や死産を引き起こす可能性があるので、対処法をきちんと考えておきます。




感染する原因はウイルスによってなので手洗いうがいをきちんとするようにし、人ごみに出る際はマスクを着用するようにします。



予防と早期発見が重要なので日ごろから心得ておくようにします。